News第54回「やってみなはれ佐治敬三賞」は 小堀 友樹氏に決定!

「やってみなはれ佐治敬三賞」は、
㈱電通 関西支社 小堀 友樹(こぼり ともき) 氏に決定!

 

★ 第54回(令和2年度)「やってみなはれ佐治敬三賞」 
令和3年2月18日に選考委員会を開催し「第54回やってみなはれ佐治敬三賞」を選出いたしました。

【やってみなはれ佐治敬三賞】

小堀 友樹(こぼり ともき) 氏 (株式会社電通 関西支社 クリエーティブ・デザイン局 プランナー コピーライター)
(受賞者プロフィール)
大学で彫刻を勉強したのち広告業界へ。動画に限らずゲーム開発やWeb記事制作なども手掛ける。媒体を限定せず新しい体験を作ることを目標にがんばっている。

(受賞対象作品)
宇治市 「宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜」     (ゲーム開発活用の広告コンテンツ)
上田安子服飾専門学校 「概念のない下谷さんシリーズ」 (ラジオCM)
田辺三菱製薬 「おいでよ!田辺三菱製薬」     (WEBムービー)
滋賀県 「ニュートンに学ぶ、これからの滋賀ノーマル」 (WEBムービー)
大日本除虫菊 「水性おじさんTVCM & Web動画」   (テレビCM、WEBムービー)

(受賞理由)
応募作全てに作品の視点・広がり・深さのセンスが際立っていた。「宇治市」は、今どきを手段としたゲーム制作からクラウドファンディングまでオリジナリティ溢れる発案で、広告展開がリアルな現地を訪れて初めてクリア(完結)するという広告主が切望する着地点までも見事に企画し、表現された点に高評価が集まった。
「田辺三菱製薬」はイメージされる社風とは真逆の表現やアプローチがクライアントを納得させるパワーを感じた。「滋賀県」は県民に向けた新しい価値観や前向きな提案が好評価。「大日本除虫菊」は長年の課題であった製品特性の訴求課題を解決した。
いずれも、従来のクリエイティブの枠を超えたチャレンジと既視感のない発想に、「やってみなはれ」の精神を体現している。さらにいい意味での大阪らしいあほらしさも感じられ、選考委員の高い評価を受け、満場一致での受賞となりました。   

(受賞者の主な受賞歴)
・ACC賞 テレビ部門 ゴールド / Web部門 シルバー / ラジオ部門 ブロンズ
・FCC賞 審査員特別賞(藤本宗将賞)
・TCC賞 
・OCC賞
・メディア芸術祭 審査委員会推薦作品
・アドフェスト ブロンズ、カンヌライオンズファイナリストなど

 

*「大阪広告協会賞」・「やってみなはれ佐治敬三賞」の贈賞式は5月25日(火)に開催される公益社団法人大阪広告協会 第73回定時社員総会(リーガロイヤルホテル)にて行われる予定。

2021年3月30日


Page to top