News第52回「やってみなはれ佐治敬三賞グランプリ」は花田 礼 氏に決定!

「やってみなはれ佐治敬三賞グランプリ」は、
㈱電通 関西支社 花田 礼(はなだ れい) 氏に決定!

 

第52回(平成30年度)「やってみなはれ佐治敬三賞」について

公益社団法人大阪広告協会は、「第52回 やってみなはれ佐治敬三賞」の受賞者を下記の通り決定した。

★ 第52回(平成30年度)「やってみなはれ佐治敬三賞」 
平成31年2月26日選考委員会を開催し「第52回やってみなはれ佐治敬三賞」を選出いたしました。「やってみなはれ佐治敬三賞」は、これまで主に優れた広告作品、広告表現を軸に審査してまいりましたが、今回よりキャンペーン、ソリューションも含む広義の「広告コミュニケーション」全般を対象とし募集を募りました。その結果昨年を大きく上回る42の個人・グループから応募がありました(昨年は22)。選考委員会では、クリエイティブやプロモーションなど異なる分野の作品を厳正に審査した結果、最後まで競った異なるジャンルの2者はいずれも甲乙付けがたく、今年度はグランプリに加え、準グランプリを選考する事にいたしました。

【やってみなはれ佐治敬三賞 グランプリ受賞者】

花田 礼(はなだ れい) 氏 (株式会社電通 関西支社 ソリューションデザイン局 クリエーティブ・プランナー)
(受賞者プロフィール)
1991年生まれ/慶應義塾大学法学部卒業/2014年電通入社
入社後デジタル制作・システム開発の部署を経て、その後クリエーティブ・プランナーに。「話題化・共感獲得」を基盤にしたプランニングを行う。主な担当案件はリポビタンD「ファイト不発」「絵文字CM」、セブンツーセブン化粧品「自社Wikipediaのスクショ新聞広告」など。ドローンフォトグラファーとしても活動し、Instagramではフォロワー1万人を超え、2017年には写真集も発売。

(受賞対象作品)
セブンツーセブン化粧品「自社Wikipediaのスクショ新聞広告」
大正製薬リポビタンD「リポD の伝統CMを若手が絵文字で簡略化」「ファイト不発」「ケイン・濃スギ」「踊るリポD ボトル」
ドローンで撮ったら凄い場所を伝える写真集

(受賞理由)
セブンツーセブン化粧品、大正製薬リポビタンD 、ドローン写真集いずれをとっても、ゼロから自主提案に動いて仕事をつくるというアプローチにチャレンジ精神が息づいている。
セブンツーセブン化粧品では、飛び込みの自主提案である事はもちろんのこと、Wikipediaのスクリーンショットを広告すると言うアイディアとその使用許可を取るための努力。リポビタンDでは、今の世代へのブランディングを様々なアイディアでチャレンジした事に加え「ファイト一発」と言う不動の名コピーへのリスペクトを忘れずクライアントを説得するための緻密なアプローチ。またドローン写真家という自分のもうひとつの顔を最大限に活かした出版事業という異事業への挑戦。どの作品にも大きな壁を乗り越えるための、斬新なアイディアや表現手法、そして周りを説得させる実現に結びつける緻密な努力や熱意があり「やってみなはれ精神」をまさに体現していると言える。
花田氏の持つ発想力、情熱と行動力、が大いに評価されて、審査委員満場一致での受賞となりました。

(受賞者の主な受賞歴)
OCC新人賞、GATSBY学生CM大賞グランプリ、ゲッティ イメージズ×東京カメラ部フォトコンテスト部門賞、アサヒカメラ×東京カメラ部共催 「日本の47枚」選出

 

【やってみなはれ佐治敬三賞 準グランプリ受賞者】

各務 亮(かがみ りょう)氏 (株式会社電通 京都ビジネスアクセラレーションセンター 文化事業推進部 プロデューサー)
(受賞者プロフィール)
2002年から中国、シンガポール、インドの電通拠点を移り住みながら日系グローバル企業の海外戦略を担当し、2011年 電通京都支社帰任。
京都からグローバル企業の海外戦略を担当しながら、伝統工芸の海外発信プロジェクト「GO ON」、太秦映画村を文化エンタメパークに変身させる「太秦江戸酒場」はじめ各種文化プロジェクトを立上げプロデュース。京都から日本ならではのグローバル価値を生み出すべく、既存商品のマーケティングやブランディングに留まらず、伝統をベースに、まだ世にない商品、サービス、事業のクリエーションに挑戦中。

(受賞対象作品)
京都の老舗工芸企業6社「GO ON」
パナソニック 「GO ON×Panasonic」
東映京都スタジオ「太秦江戸酒場」
内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部 「岡崎明治酒場」

(受賞理由)
“伝統工芸”“時代劇を中心とした映画産業”“新しい夜の観光地”など、様々な京都の文化や財産に着目し、大きな志もって自ら発想し行動する各務氏のプロデュース能力を高く評価した。
京都の伝統工芸職人をクリエイティブユニットとしてネットワーク化したり、さらにそれをパナソニックの製品に昇華させたり、太秦や岡崎などの観光地活性ために、江戸や明治の文化を体験できる空間をプロデュースするなど、今までの広告の枠をはるかに越えながら、クリエイティブデザインの手法を用いた様々なチャレンジは、やってみなはれ佐治敬三賞としても、新しいジャンルへの挑戦を称えるにふさわしい内容と判断し、準グランプリを贈る事を決定した。

(受賞者の主な受賞歴)
カンヌライオンズ Silver、D&AD Yellow Pencil 、ADC Gold、 One Show Gold、など

*大阪広告協会賞・「やってみなはれ佐治敬三賞」の贈賞式は5月21日(火)に開催される公益社団法人大阪広告協会 第71回定時社員総会(リーガロイヤルホテル)にて行われる。

2019年3月13日

Page to top