News第49回「やってみなはれ佐治敬三賞」は㈱電通関西支社 藤井 亮 氏に決定!

「やってみなはれ佐治敬三賞」は、㈱電通関西支社 藤井 亮氏に決定!

公益社団法人大阪広告協会は、平成27年度の「第49回やってみなはれ佐治敬三賞」の受賞者を下記の通り決定した。

★ 第49回(平成27年度)やってみなはれ佐治敬三賞

【受賞者】㈱電通関西支社 藤井 亮 氏

(受賞理由)
近年、広告クリエイティブの領域は、従来からのTV・ラジオ・新聞・グラフィックに加え、Web動画や、さらには大きなプロモーションの仕掛け・建築まで、大きく拡がり・多様化しています。この多様化するクリエイティブの世界で、藤井亮氏は、自らのアートディレクターとしての「独自の技」で挑戦し、心に突き刺さるコミュニケーションを生みだしました。 「三戸なつめ」のミュージッククリップでは、藤井さんのアートディレクションが自由さ溢れる作品に仕上げています。PiTaPaのポスターでは、年齢・カルチャーの異なるイラストレーター10人をそろえ、しかもコピーを何度も読ませるなど仕掛けはこれまでにない新しい視点の発想で、これと「アートの技」が組み合わさっています。サンポールのイラスト(アニメーション)は圧倒的なインパクトがあり、これまでの作品から更にチャレンジしていて、単なるアニメーターでない自分の得意技を拡げています。 このように、自ら手を動かして創る「職人技」での挑戦が大きく評価されました。

2016年3月11日

Page to top