News第65回定時社員総会 第56回大阪広告協会賞・第46回やってみなはれ佐治敬三賞 贈賞式

第65回定時社員総会 開催 

第65回定時社員総会が5月30日午前11時から大阪市北区リーガロイヤルホテル「ペリドット」で会員約200名が出席して開催された。
総会の開催に先立ち松下理事長から「この総会は、昨年、当協会が公益社団法人に移行して以降、初めての定時総会であり、また、通算で65回目を迎えるという記念すべき会でもあります。人間ですと、高齢者の仲間入りとか、年金生活を迎える頃とか、言われるわけですが、大阪広告協会としては、新しく生まれ変わる年にしなければならないと思います。大阪の広告を盛り上げて行こう、大阪の経済・文化の発展に寄与しようという「志」のバトンをつないでいくことはもちろんですが、これまでの実績に安住し、同じことを繰り返してはなりません。時代の変化をシッカリ捉え、人のやらないこと、新しいことに挑戦する“面白い”団体として認められるようにしたいと思います。平成25年度の活動目標は「反転攻勢。広告で変化への舵を切ろう。」です。広告には、世の中の人々に勇気や希望をもたらし、活力を高める力があります。大阪の、関西の、そして日本の人々への応援メッセージを送る広告活動に邁進し、今年こそ「復興」の年にしたいと思います。会員の皆様におかれましては、新しい歩みを始める大阪広告協会に、ますますのお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。日本経済は、今、上昇機運にあります。大阪にも「復権」のチャンスが到来しています。各業界ともに“気分”を自ら盛り上げて、頑張っていきましょう。」と開会の挨拶があり、続いて満場一致で松下正幸氏を議長に指名した。
第1号議案 平成24年度(平成24年6月~平成25年3月)事業報告及び決算の件
第2号議案 平成25年度役員選任の件
第3号議案 規程制定の件
が審議され、可決された。続いて、専務理事より平成25年度の事業計画と収支予算が報告された。
その後、理事会にて、役職選任が審議され、会場で報告、閉会となった。

大阪広告協会賞・「やってみなはれ佐治敬三賞」贈賞式

引き続き、同会場で第56回大阪広告協会賞の表彰があり、理事長の松下正幸氏から受賞者の吉本興業株式会社様へ、賞状と副賞が贈られた。そして、第46回「やってみなはれ佐治敬三賞」については、会長の佐藤茂雄氏から受賞者の中尾孝年様へ表彰楯と副賞が贈られた。

吉本興業㈱代表取締役会長 吉野伊佐男様ご挨拶】
昨年の4月に私どもは創業100周年を迎えることができました。100周年を機に、この創業の地である、大阪を中心として、我々の笑いを支えて頂いた大阪・関西の方を中心に、100周年記念事業として、「大阪おもろナーレ」というキャンペーンタイトルで、様々な事業をさせて頂きました。お陰様で、大阪の皆様方にも喜んで頂けたと思っております。2013年4月から101年目に入っております。私どもは、やはり笑いの力で少しでも、大阪を元気づける、世の中を明るくしていきたいと、心がけて頑張って参りたいと思います。これを励みに頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

【㈱電通関西支社 クリエーティブ局 中尾孝年様ご挨拶】
私は、大阪・関西で広告作りに携わっている人間として、意識していることがあります。それは、今、世の中がものすごく激しく変化している。それにともなって、広告も変化し、伝え方も激変している。いろんなクリエイターから、「大変は時代になった」というような事をよく耳にするのですが、逆に、僕ら関西のクリエイターにとっては、この変化がすごく、大きなチャンスだと思っています。なぜなら、僕ら関西のクリエイターは発想が柔軟で、変化に強い。柔軟なクリエイティブだと思っています。その変化への対応力や、柔軟な力を生み出しているのは、実は今日頂いた賞のタイトルにもなっている、「やってみなはれ」精神ではないかなと思います。今回、僕が受賞させて頂いた、3つの広告は有名なタレントの顔をごちゃまぜにして、新しいアイドルを作ってデビューさせるという話や、アイドルタレントを使って、連続殺人事件の推理コマーシャルや、海外のスタークリエイターにダジャレを言わすという、東京で企画していたら、決して表に出なかった広告だったと思っています。もちろん、僕のやってみなはれ精神でもあるのですが、スタッフや、社内の先輩方のやってみなはれ精神。そして、クライアントの皆さんのやってみなはれ精神、そんな皆様のやってみなはれ精神に後押しして頂いて、世の中に発信することができた広告。それで、「やってみなはれ佐治敬三賞」が取れたというのは、運命的なものを感じるし、すごくうれしく思っています。今日、こうして受賞させて頂いたからには、僕はやってみなはれ公認クリエイター、やってみなはれイメージボーイになったつもりで、これから益々、そんなん無理や!ではなく、新しく、チャレンジ精神、やってみなはれ精神に溢れるアウトプットを先頭に立って、どんどん発信して行きたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

懇親会と会員企業紹介

山楽の間に会場を移し、懇親会が開催された。冒頭に佐藤会長より、受賞者の皆様へのご祝辞と挨拶、そして、乾杯のご発声を頂き、和やかに始まった。今年度は会員企業どうしの交流の一環として、企業PRコーナー参加を募集したところ、江崎グリコ様、キリンビールマーケティング様、サントリービジネスエキスパート様、宣伝会議様、日本経済新聞社様、ハウス食品様、パナソニック様、ロート製薬様、以上8社の会員社様にご参加頂き、新製品や企業案内パンフレットなどをご紹介頂きました。

2013年5月30日

Page to top