News第46回「やってみなはれ佐治敬三賞」は中尾孝年氏に決定!

「やってみなはれ佐治敬三賞」は、㈱電通関西支社 中尾孝年氏に決定!

 

第46回(平成24年度)「やってみなはれ佐治敬三賞」について

公益社団法人大阪広告協会は、「第46回 やってみなはれ佐治敬三賞」の受賞者を下記の通り決定した。

★ 第46回(平成24年度)「やってみなはれ佐治敬三賞」 
本賞は、大阪広告協会創立20周年事業(1967年)に、サントリー株式会社の協力を得て、大阪広告協会サントリー奨励賞として制定された。以来、広告技術の向上を目的に、常に広告文化の新しい時代を切り拓くチャレンジ精神あふれる作品を制作したクリエイターを顕彰してきている。サントリー株式会社 佐治敬三氏の広告クリエイターに対する限りない期待と当賞への情熱を称え、2000年より大阪広告協会「やってみなはれ佐治敬三賞」と改められた。永年に亘る顕彰活動は、常に第一線で活躍する広告クリエイターを誕生させている。今年度は、2月22日、第46回大阪広告協会「やってみなはれ 佐治敬三賞」選考委員会(山田崇雄委員長)において総数11名を慎重に審査した結果、㈱電通関西支社 中尾孝年氏に決定した。

 中尾 孝年 氏 (株式会社 電通 関西支社)
(経 歴)
1970年生まれ。京都府出身。㈱電通関西支社クリエーティブ局5CD勤務。広告史に残る話題作、AKB48江口愛実を考案。メディアをまたいだ立体的なコミュニケーションデザインを構築し、新しく斬新な仕組みの広告を発信して、広告業界以外からも注目を集めている。
(主な仕事)
江崎グリコ/アイスの実「江口愛実」、POCKY「デビルニノ」「CM二宮」「YMO」、サノヤス・ヒシノ明昌/企業CM「造船番長シリーズ」、アストラゼネカ塩野義製薬/コレステロール値啓発「貼り紙篇」「マルチエンディング篇」など
(受賞歴)
◇Cannes Lions 2010年PR Corporate Communication部門「SILVER」
◇Cannes Lions 2012年PROMO Product & Service部門「SILVER」
◇Cannes Lions Best Integrated Promotional Campaign部門「SILVER」
◇Spikes Asia 2012年Integrated部門「GOLD」など

(受賞理由)
中尾孝年様は大物タレントを起用するのみならず、思いのままに演出することにより、強く印象に残る作品を制作された。また、気概とチャレンジ精神の発揮を通して、大阪のクリエイティブの活性化に貢献された。自信にあふれた自己PRと応募作品に一致感があり、これからの斬新な仕組みの広告づくりにも期待するところ大なるものがある。

*大阪広告協会賞・「やってみなはれ佐治敬三賞」の贈賞式は5月30日(木)に開催される公益社団法人大阪広告協会 第65回通常総会(リーガロイヤルホテル)にて行われる。

 

2013年3月22日

Page to top