講演会・シンポジウム

講演会AD-Labセッション「ネット炎上とクリエイティブ:統計分析が解明する炎上メカニズムと予防・対処方法」

終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

日時
2018年10月4日(木)
セッション:16:30~17:45(受付16:00~)
懇親会:18:00~19:00
定員50名 先着順(9/28金曜日 締切)

会場:大阪大学中之島センター 702号室

大阪市北区中之島4-3-53

・京阪中之島線 中之島駅 徒歩約5分 ・地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 徒歩約10分・阪神福島駅/JR東西線 新福島駅 徒歩約9分

会場案内はこちら

受付を終了致しました。

■懇親会について

当日のセッション後に、山口氏を囲んで懇親会を開催します。奮ってご参加下さい。

・時間:18:00~19:00

・場所:大阪大学中之島センター2階 カフェテリアスコラ

・会費:2000円(税込み)

懇親会へ参加希望の方は上記申込フォームから「セッション+懇親会」と「請求先」をご記入の上お申込下さい。
後日請求書をお送りします。
また、現地で名札入れを配布しますので、必ず名刺を1枚ご用意ください。
名刺交換のため多めにお持ちいただくことをお勧めします。

■AD-Labセッションの開催にあたって
大阪広告協会では、広告の現場を牽引する中堅社員のスキルアップや相互交流を目指し、今年度より新しい形の講演会&懇親会「AD-Labセッション」を展開しております。
その第2弾としまして企業コミュニケーションとネット炎上リスクについてのセッションを企画いたしました。50名という少人数で講師の先生とも距離の近いセッションを目指しております。セッション終了後には簡単な懇親会も予定しております。
是非、若手中堅社員も含めた多くの皆様に社内にご参加いただけば幸いです。
AD-Lab委員会 委員長 西村 健(株式会社マンダム 常務執行役員)
■セッション内容
「ネット炎上とクリエイティブ:統計分析が解明する炎上メカニズムと予防・対処方法」
企業の宣伝、広報担当者が抱える課題「企業コミュニケーション時の、より消費者・大衆を惹きつける表現と、ネット上などでの炎上リスクの境界線」を探るべく、セッションを開催します。
*講演者*
山口真一 氏
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 講師
<プロフィール>
2010年慶應義塾大学経済学部卒、2015年同大学経済学研究科で博士号(経済学)を取得し、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教を経て、2016年より現職。専門は計量経済学。研究分野は、ネットメディア論、フリー・ビジネス、プラットフォーム戦略等。
「あさイチ」「クローズアップ現代+」(NHK)をはじめとして、テレビ・ラジオ番組にも多数出演。組織学会高宮賞受賞(2017年)、情報通信学会論文賞受賞(2017年・2018年)、電気通信普及財団賞受賞(2018年)。主な著作に『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)、『ネット炎上の研究』(勁草書房)、『ソーシャルゲームのビジネスモデル』(勁草書房)などがある。
他に、東洋英和女学院大学非常勤講師等を兼務する。

Page to top