講演会・シンポジウム

講演会<終了>2016.2.17(水)15:00~17:00 大阪広告協会 公正取引委員会セミナー

終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

場所:電通12F小ホール
2016年2月17日(水) 15:00~17:00
定員50名 先着順

広告知識の啓蒙・情報提供の一環として「大阪広告協会 公正取引委員会セミナー」を下記の要領で開催いたします。 日常の広告活動において、ともすれば忘れがちな基本的なルールを再度確認する機会でもあります。是非ご聴講ください。

 

講演内容

日 時:2月17日(水)15:00~17:00

会 場:電通関西支社 12階小ホール

演題(テーマ):「公正な経済社会の実現と公正取引委員会の取組」

講 師:公正取引委員会事務総局 近畿中国四国事務所長 笠原 宏 氏

 

【参考資料 公正取引委員会HPより抜粋】

公正取引委員会は,独占禁止法を運用するために設置された機関で,独占禁止法の特別法である下請法の運用も行っています。 独占禁止法の正式名称は,「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」です。この独占禁止法の目的は,公正かつ自由な競争を促進し,事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにすることです。市場メカニズムが正しく機能していれば,事業者は,自らの創意工夫によって,より安くて優れた商品を提供して売上高を伸ばそうとしますし,消費者は,ニーズに合った商品を選択することができ,事業者間の競争によって,消費者の利益が確保されることになります。このような考え方に基づいて競争を維持・促進する政策は「競争政策」と呼ばれています。 また,独占禁止法の特別法として,下請事業者に対する親事業者の不当な取扱いを規制する「下請法」があります。

 

なお参加費は無料、会場の都合で事前お申し込みが必要です。お申し込み後のキャンセルは、必ずご連絡をお願いいたします。

Page to top