講演会・シンポジウム

講演会2017.7.4(火)13:00-17:00第28回(平成29年度)「全広連 夏期広告大学」 ≪大阪講座≫

終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

「デジタルシフト化時代のコミュニケーション 最前線」
2017年7月4日(火) 13:00~17:00
定員150名(先着順) 6/27締切

会場:大阪大学中之島センター 10F「佐治敬三メモリアルホール」

大阪市北区中之島4-3-53

・京阪中之島線 中之島駅 徒歩約5分 ・地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 徒歩約10分・阪神福島駅/JR東西線 新福島駅 徒歩約9分

会場案内はこちら

多くのご参加頂きましてありがとうございます!

終了致しました。

第28回(平成29年度)全広連 夏期広告大学/大阪
「デジタルシフト化時代のコミュニケーション 最前線」
デジタルの新たなアクティベーション手法が進化する中、広告主の傾向やクリエイティブ領域の革新的な動向など、各講師の視点で最新情報を3部構成で紹介します。
*講師*
天野 彬 氏 ㈱電通 電通総研 メディアイノベーション研究部 副主任研究員
眞鍋亮平 氏 ㈱電通 クリエーティブ・ディレクター
菅野 薫 氏 ㈱電通CDC / Dentsu Lab Tokyo グループ・クリエーティブ・ディレクター/ クリエーティブ・テクノロジスト

各講師プロフィールと講演スケジュール
第1講 天野彬 氏(あまの・あきら)
「「消える」「盛る」「タグる」:SNSの最新動向を探る!」

 

●1986年生まれ。東京都出身。東京大学大学院 学際情報学府修士課程修了。2012年電通入社後、マーケティング部門、新規事業開発部門を経て2014年から現職。 スマートフォンのユーザーリサーチを中心に、現在のメディア環境やオーディエンスインサイトを分析している。 2017年秋に、宣伝会議からSNSをテーマとした単著を出版予定。その他の著書として『情報メディア白書2016/2017』(2016/2017年、ダイヤモンド社、共著)、『二十年先の未来はいま作られている』(2012年、日本経済新聞出版社、共著)。 日本マーケティング協会や宣伝会議などでのセミナー講師の経験多数。
第2講 眞鍋亮平 氏(まなべ・りょうへい)
「オンライン動画の打率を高める方法」

●クライアントの課題解決のためならメディアや手段を問わないプランナー。国内外の受賞多数。2014年からクリエーティブ・ディレクター。最近の仕事は、YouTube「好きなことで、生きていく。」キャンペーン、Panasonic「LOVE THERMO」「LOVE DRESS」「LOVE DISH」3部作、ポカリスエット「#ポカ写」「ポカリガチダンス選手権」など。鬼ムービーチームのCDとして、CR×PR×メディアのコラボレーションによるオンライン動画の可能性を探っている。2016年 One Show Interactive 審査員。 受賞歴:カンヌライオンズゴールド、クリオゴールド、アドフェストグランプリ、NYフェスティバル、ACC賞など。
第3講 菅野薫 氏(すがの・かおる)
「テクノロジーと、広告クリエーティブ」

●2002年電通入社。テクノロジーと表現を専門に幅広い業務に従事。 本田技研工業インターナビ「Sound of Honda/Ayrton Senna1989」 、Apple Appstoreの2013年ベストアプリ「RoadMovies」、東京2020招致最終プレゼン「太田雄貴 FencingVisualized」、国立競技場56年の歴史の最後の15分間企画演出、Bjork やBrian Enoとのプロジェクト等々活動は多岐に渡る。 JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤー(2014年、2016年)/カンヌライオンズ チタニウム部門グランプリ/D&AD Black Pencil(最高賞)/One Show-Automobile Advertising of the Year / London International Awardsグランプリ/Spikes Asiaグランプリ/ADFESTグランプリ/ACCグランプリ/TIAAグランプリ/Yahoo! Internet creative award グランプリ/文化庁メディア芸術祭 大賞/Prix Ars Electroneca 栄誉賞/グッドデザイン金賞など、国内外の広告、デザイン、アート様々な領域で受賞多数。
主催:公益社団法人全日本広告連盟、公益社団法人大阪広告協会
協賛:公益財団法人吉田秀雄記念事業財団
*内容、講師の登壇順は変更する場合がありますのでご了承ください。
*なお参加費は無料、会場の都合で事前お申し込みが必要です。

Page to top